ケア方法は

老け顔の原因としてシミやシワ、たるみがあることから、美容皮膚科でのエイジングケアもこれらの症状を改善することが目的となります。シミの改善の施術方法としては、フォトフェイシャル、レーザー治療、メソフェイシャル 、外用薬や内服薬によっても改善が期待できます。外用薬では、レチノインやハイドロキノンといった美白効果の高い成分が配合された薬を服用します。

シワ改善のための施術方法としては、レーザー治療、ヒアルロン酸注入、ボツリヌス・トキシン注射、ボトックス注射、高周波治療、イオン導入、超音波導入、美容鍼などがあります。ボトックス注射は、筋肉の働きを弱める効果があります。一部の表情筋だけが動くことによりシワができてしまいます。シワができる原因となる筋肉の働きを弱めることでシワを改善する効果が期待できます。

たるみ改善のための施術では、顔筋リフト、高周波マシン、糸によって皮膚を引き上げる方法があります。顔筋リフトとは、医療用のEMSによって表情筋に電気刺激を与えて筋肉運動をするという施術方法です。糸によって皮膚を引き上げる方法では、時間が経過すれば体内で解ける糸を使用して、たるみを解消する方法です。このように、美容皮膚科では様々な施術によってエイジングケアをすることができます。